2016年

2月

20日

リズム

今、一番考えている事はリズムだ。

 

ここ最近やっと右手の薬指と子指に力がついてきて、フレーズを弾きながらよろよろする事が少なくなった。

でも、鍵盤が重いグランドピアノだったりするとまだまだヘタレる。

指に十分な力がないと、タッチのコントロールが行き届かなくてガンガン強い音が出たり、Jazzのリズムが思うように踏ん張れない。


グランドピアノを弾く機会が増えた事で、そんな初歩的な事がようやく致命的な欠点だと気が付いた。絶対克服しようと決心した。

まずは、一人で安定したスイング感が出せる事。

そもそも、4ビートちゃんと理解してるんだろうか、わたし....?

そんな自信の無さはちゃんと音に出る。

 

Jazz Pianoを弾こうとすると、コード・ボイシングやスケール、アドリブのやり方とか、リズム以外にいろいろ勉強する事が多い。

けっこう頭も労力も時間も使う。

そして、何とかまがりなりにもアドリブをこなせるようになると、何故かむくむくと”できちゃった感”が生まれる。”いい気”になっちゃうのだ(笑)。

そしてある日、共演するメンバーから強烈なダメ出しを食らう、、。基本的なリズムのアンサンブルー共有ができていないのだから言われて当然のことだ。

これはかなりダメージが大きい (-_-;; 辛くて胃が痛くなる....。

でも、言ってくれた事は全部本当の事なので丸ごと聞くしかない。努力して改善するのみだ。

 

一番大事なのは、リズム。そしてたぶん、一番楽しいのもリズムだ、きっと。