2015年

3月

16日

花粉症

3~4月はもの凄くツラい時期だ。

目に見えない悪玉花粉を呪い、花粉をまき散らす杉の木を呪い、杉を植え過ぎた林野庁を呪い、林野庁に仕事をさせた日本国政府を呪い、最後に日本に生まれた事を盛大に呪ったところで、でもまぁほら、お寿司も食べれるし日本酒も美味しい、電車も時間通りに来るしお巡りさんも優しくて平和で安全だし、やっぱ日本に生まれて良かった、よしよし、、てな”人生山あり谷あり-楽あれば苦あり”的な思考ロジックで、自分を宥め慰め激励しながら苦難の日々をやり過ごす。



一昨年と去年、新潟で春を過ごして「花粉症、私もしかして治ったかもしれない!」なんて言って周りに自慢していたのに、単に新潟は花粉量が少なかったんだな....o_o

 

東中野のお店でライブの日。

ツッチーが、大きなマスク・マフラーで顔見えない状態でお店に来た。

「お互い、大変ですな~。」と花粉症同士、相身互いでいたわり合っているところにオッチーが颯爽と来店。

「オッチーは花粉症、ないの?」と聞くと、

「僕、ないですね ^ ^ 煙草で治るみたいですよ。」

「えぇ~っ?!マジで?」

いろいろ解説してくれて、「ふ~ん、なるほどね....。」と納得したが、ちょっと待てよ、、、煙草と花粉症。どっちが身体に悪いんだ?

花粉症が治るから煙草吸おっかな!っとは単純にいかない訳で、なかなか悩ましい問題ではある。