2015年

5月

01日

安倍総理の演説

2013年11月にこのブログで書いた記事。(11/17『頑張れ、日本』)

 

 ”以前からなんだかなぁ....と思っていた。

 最近は怒りを通り越して、もういい加減にしてほしいなぁ....と呆れていた。

 韓国。

 

 ようやく日本も、竹島や慰安婦問題について海外に向けて発信し始めた。

 外務省や民間有識者が、英語で日本の立場を説明する動画を

 YouTube等に挙げている。

 情報戦だ!

 

 そもそも歴史を作り変えるなんて、何百年も前のことならいざ知らず、

 まだ目撃者、経験者が生きているのに可能なんだろうか。

 だいたい”歴史学者”っていったい何してるのかなぁ....。

 何を研究してるんだろう??、、、、”

 

あれから1年半。

先月26日から国賓級待遇でアメリカを訪問している安倍総理。

29日(米時間)には、日本の首相として初めて米上下両院合同会議で演説した。

韓国は、アメリカ訪問も議会演説も官民挙げて妨害し、演説内容にまで注文をつけていたから、内心ちょっとだけ心配だった。アメリカ国内にも批判的なメディアや反日議員がいる。


30日朝、インターネットにあがった安倍総理の歴史的演説の動画。

感動した(泣)!内容もスピーチする姿も、誠実で真摯で心がこもっていた。

米議員たちの10回を超えるスタンディング・オベイションは異例な事だそうだ。

日本外交、GJ !! よくぞここまで頑張った....。

安倍総理、本当にお疲れ様でした。

1年半前、悔しく思いながらブログを書いていた時の事を思い出した。

 

まだまだ難問山積。

でも、日本を取り巻く世界の景色が少しずつ変わってきているように感じる。

就任以来、国のリーダーとして安倍総理が大奮闘してきた事実を、私たち国民は誇りに思うべきだと心から思った。