2017年

1月

26日

トランプ新大統領

新潟に帰っていた時に、米ワシントンでトランプ氏の大統領就任式があった。

 

テレビはほとんどそのニュース一色で、いろいろ解説を聞いていると、今までとはまったく違う政権になりそうで、期待より不安がどっと大きくなった。

日本は同盟国だし、こんな不安定な世界情勢の時だから、アメリカにはほんと頑張ってもらわないとなんだけど、、 。

        (NHKネットニュースより)


つい先日、BSドキュメンタリーで、オバマ大統領の議会とのすさまじい闘いを見た。

スピルバーグ監督の映画『リンカーン』も見たばかりだ。

そのせいか、これからアメリカの政界で起こるであろう大混乱を思って、ちょっとブルッとした。

 

アメリカの民主主義は、政権が大統領中心に一丸となって、一筋縄ではいかない議会と大格闘する。

日本の民主主義もそうなんだろうけれど、日本人の魂の根底に『和を以て貴しと為す』が宿っているせいか二大政党制ではないせいか、あそこまでの激しさとは違うように(傍からは)見える。

米国議会は、トランプ大統領とどう対処するんだろうか。

踏みとどまって一部の暴走を押し返すだけの力があるんだろうか、、。

 

日本が、世界に対して果たす役割。日本に対して、世界が期待する役割。

どちらも、これから大きく変わっていくんだろうなぁ。

世界の中の日本、もしかしてチャンス到来か?

 

頑張れ、日本!頑張れ、安倍首相!